青経塾のご案内


  1. HOME
  2. 青経塾のご案内

【塾是】自己啓発と豊かな心で、真の経営を創造しよう

【塾是】1.塾生の人格向上、並びに社業の発展に寄与する 2.塾生間の親善を深め、豊かな人間関係をつくる

青経塾とは

社業の発展の為には、まず、トップである経営者自身の成長・人格の向上が第一であり、その為に良き友・ライバルたちと共に切磋琢磨しながら、自己啓発していく場です。 青年経営者研修塾(青経塾)は、昭和49年6月、塾主 遠山昌夫(菊水化学工業株式会社 最高顧問)を中心に「若い経営者たちが人間としての生き方、経営に対する姿勢や方策を学ぶ場」として誕生しました。

名称を研修会や研究会とせず、研修塾としたのは、幕末から明治維新にかけて有為な人材を輩出した「松下村塾(吉田松陰)」や「適塾(緒方洪庵)」のように「志をもって目的に向かい、学びあう場」であるという思いが込められているためです。

青経塾は、陽明学に基づく「行動主義」と塾主 遠山昌夫自身の経験から体現された「人間主義」の二つを柱とし、塾是として「自己啓発と豊かな心で 真の経営を創造しよう」という言葉を掲げています。塾主 遠山昌夫の下、「人は使命と責任を感じたとき、私欲を捨て人の心を打つ仕事ができる」という思想を体現すべく、青経塾 塾生は日々切磋琢磨し続けます。 時代の流れや状況の変化に対応しながらも、常に普遍のものをしっかりと持ち先見性をもって行動する。それが青経塾 塾生の経営のあり方であると考えます。

そういった「真の経営」を目指すものが集い、磨きあう場、それが青経塾です。

青経塾卒業までの3年間カリキュラム

カリキュラム

入塾までの流れ

  1. 入塾説明会
  2. 塾長面接
  3. 入塾手続き
  4. オリエンテーション期間
  5. 入塾式(8月中)

入塾方法

入塾要項
本塾の塾生になることを希望する者は、塾生の推薦を受けた上で、塾頭に対し入塾願を提出しなければならない。
提出後、塾頭並びに統括会議の承認を得、かつ、入塾費を納入した者は、9月1日より塾生としての資格を得、入塾時に設立する青経塾に所属する。
募集期間
毎年1月~3月の期間
青経塾 紹介冊子『ADMISSION』
青経塾 紹介冊子『ADMISSION』

「青経塾にはどんな塾生がいるのだろう?・・・。」
「青経塾に入塾してどのように社業を伸ばしているのだろう?・・・。」
と思いませんか。
それを知りたければ、アドミッションを是非お読み下さい。
必ず青経塾生の一端を垣間見ることが出来るはずです。
こちらからダウンロードできます。
青経塾 紹介冊子『ADMISSION』PDFダウンロード

青経塾 紹介ページ『ADMISSINON WEB』
青経塾 紹介冊子『ADMISSION』

新塾長、多数の先輩を紹介しております。
https://www.seikeijuku.gr.jp/admission/

このページのトップへ